保険適用など料金についての情報収集もカントン包茎手術では重要

保険適用など料金についての情報収集もカントン包茎手術では重要

保険適用できる場合とできない場合がある

カントン包茎の手術では、保険適用ができる場合とできない場合があります。
なるべく費用をかけずにカントン包茎を改善したいと考えている人は、その辺りをしっかり情報収集しなければなりません。

基本的に保険適用ができるのは病院の泌尿器科を受診した場合で、機能を改善するのが主な目的です。
それに対して美容クリニックでは、ほとんどの場合で自費診療扱いになります。
美容クリニックは男性器の機能よりも見た目を重視するため、健康とは関係ない部分にも力を入れるからです。
中には保険適用ができる美容クリニックもありますが、あくまでも少数派だと考えていた方が良いでしょう。

そして情報収集をすると分かりますが、カントン包茎の費用は自費診療でおよそ10万円程度が相場です。
したがって保険適用させると、3万円ほどの料金となります。
その差が大きいと感じるかどうかは、個人の考え方次第です。
それをはっきりさせるためにも、保険適用に関する情報収集は重要です。

保険適用と自費診療では内容が異なる

カントン包茎の治療で保険適用ができると、多くの男性は3割負担のみで済みます。
そのためあまり予算に余裕がない人は、保険適用を考えるでしょう。
ただ費用だけを見て保険治療に飛びつくのは良くありません。
しっかり情報収集をして、保険適用時と自費診療それぞれの良さを把握しておく必要があります。
保険適用はあくまでも機能的に最低限の改善しか行わないため、感度が高い組織を取り除いたり、見た目を重視しないことから目立つ傷跡が残ったりしかねません。

それに対して自費診療では縫合に時間をかけたり、特殊なメスの入れ方をしたりするなどで、見た目にも配慮されやすいです。
カウンセリングにも十分な時間を確保し、治療を受ける人が納得しやすい環境であることが多いです。
したがってカントン包茎の治療は、安ければそれで良いという単純な問題ではありません。
情報収集をした上で、費用と仕上がりのどちらを優先するのか考える必要があります。

まとめ

カントン包茎は健康にあまり影響を与えないこともあるため、保険適用ができないパターンもあります。
ただその判断をするのは医師で、考え方はそれぞれ異なります。
したがって医師によっては保険適用ができるカントン包茎扱いとなる場合と、ならない場合があります。
そして保険適用ができれば、それがベストというわけでもないという点に注意が必要です。
最終的には治療を受ける人が満足できるかどうかにかかっているので、適切な判断をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。