カントン包茎と他の包茎との違いも情報収集のポイント

カントン包茎と他の包茎との違いも情報収集のポイント

カントン包茎を知るための情報収集

男性のコンプレックスで上位になるのが男性器の悩みであり、男性器が小さかったり形が歪などのそれぞれの悩みがあります。
その中でも男性器の悩みの主要な原因が包茎であり、通常ならば大人になるにつれて男性器が大きくなり、亀頭部が露出しやすい状態になるのです。

しかし大人になっても包皮が被ったままの状態で、指を使って外側に押し出したり、視覚的な興奮や物理的な刺激で海綿体に血流が流れ込んで充血し、陰茎が大きくなる勃起になると自然と亀頭部が露出する仮性包茎の男性が多くおります。
その他にも包茎は種類があって、包皮が長過ぎて皮を剥くのが困難だったり、勃起時にも亀頭部が満足に露出しない真性包茎があるのです。

カントン包茎は症例が少ないので、情報収集をして状態を知る必要があります。
情報収集をすれば基本情報が分かりますが、包皮の先端部が径が狭く、勃起時に亀頭が露出しようとするのに反して、径が狭いために痛みを伴うなどがカントン包茎の代表例です。

カントン包茎と他の包茎の違いについて

カントン包茎は症例が少ないですが、日常生活でも性交渉時にも支障がある症状になるので治療が必要になるケースが多いです。
原因としては包皮の先端部の径が小さいために、陰茎が大きく勃起しても露出する時に痛みがあったり、皮が剥けても陰茎を締め付けてしまって鬱血をするなどの機能的な問題があります。
放っておくと性交時に鬱血してして、毛細血管にダメージを受けてしまったり、酷い状態になると部分的な壊死などが発生してしまいます。

真性包茎は逆に包皮が余ってしまい、勃起時にも亀頭部が露出しないなどの問題があるのです。
性交時に皮が邪魔になって射精しても膣内に精子が挿入出来なかったり、皮が引っ張られて痛みを覚えることもあります。
また亀頭部と包皮が密着しておりジメジメして、不衛生になったり癒着することもあるのです。

症状の深刻さは仮性から真性、そしてカントンの状態が順番になります。
真性とカントンは手術が必要になるケースもあるので、上記に該当する場合は泌尿器科などの受診が必要です。

まとめ

カントン包茎は包茎の中でも少ないケースです。
そのために情報収集をしても自分と同じケースがない場合がありますが、他の包茎と違いがあるとすれば勃起時に包皮が引っ張られて痛みを感じたり、包皮を締め付けて亀頭部が鬱血するような状態になります。

カントン包茎の情報収集をすることも大切ですが、痛みや障害を感じたならば、泌尿器科の受診をすることがおすすめです。
経験豊富な医師による診察を受ければ、客観的な症状を診断してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。